野村誠の作曲日記

作曲家の日記です。ちなみに、野村誠のホームページは、こちらhttp://www.makotonomura.net/

今も昔も無茶振りは歓迎です

「web版こどもアートサーカス2020」に向けての打ち合わせ。古国府薫さんのこまどりアニメワークショップによるアニメ動画が届く。これが、すごい面白くかわいく楽しい。これに、音楽ワークショップ講師陣の演奏で音をつけていくのが楽しみすぎる。8月14−16日にレコーディングをして、その後、音の編集作業をして、来月には公開の予定。

 

web版 こどもアートサーカス2020 | 公益財団法人としま未来文化財団

 

いよいよ松田晢博原作/野村誠作曲「初代高砂浦五郎高砂浦五郎を賜るの段」の世界初演が6日後に迫ってきた。地歌三味線の竹澤悦子より、本日の通し稽古の録音届いたが、これが本当に素晴らしい。竹澤さんは三味線の演奏の名手であるだけでなく、歌声が素晴らしく、さらには語りの緊迫感も素晴らしい。めちゃくちゃ聴き惚れましたが、聞き惚れるだけではいけないので、作曲家として、細かく良い点や修正できる点などをお伝えする。8月9日の公開収録が本当に楽しみ。

 

夜、九州大学ソーシャルアートラボ(長津結一郎+村谷司+真崎一美)、門限ズ(野村誠吉野さつき+倉品淳子+遠田誠)と、6月と7月の講座の振り返り。2018年、2019年、2020年と3年間のプロジェクトとして行った講座だった。この3年間で、門限ズはよりバンドっぽくなり、野村はバンマスっぽくなったらしい。ボーカル、ギター、ベース、ドラムと違った楽器でバンドを組むように、演劇、音楽、ダンス、マネジメント違った分野でバンドを組もうと門限ズを作って12年。ようやく、門限ズが本当にバンドになってきた。そして、(通称)ボーイズ(森裕生+里村歩+廣田渓)も違った個性で違った障害を持つ3人で、バンドっぽくなってきた。ボーイズと門限ズのコラボをソーシャルアートラボがコーディネートし、このコラボが開かれた講座になっていき、受講生がそこから勝手にいろいろ膨らませていくような講座だった。アーティストは無茶振り歓迎なんだから、と言ったら、長津くんに「14年前に、それは野村さんから教わりました」と返答された。「野村誠を困らせたらいいんだ。ピアノ100台集めたんですけど、どうしましょう、って言えばいいんだ、と言われたんですよ」と言われた。言った本人は覚えていないけど、言ったんだろうなぁ。この前、藤浩志さんと仕事した時、「無茶振り大歓迎。無茶振り待ってまーす」と言われて、無茶振りすればするほど、嬉しそうにしていて、おったまげたが、ぼくも同じこと言ってたか。それにしても、14年経って、こうして長津くんと仕事をしていて、しかも、また新しい何かが生まれてくるような刺激的な現場になっているのが嬉しい。また、九大ソーシャルアートラボから無茶振りが来る日も楽しみだ。

 

JACSHAフォーラム(2016年12月6日)のテープ起こし。明日の「四股1000」に向けて。触太鼓で、触れて回るという言葉を書きながら、コロナ対策の触れ合わない今のことを思う。

 

佐久間新の問題行動に付き合う

朝メールを開くと、問題行動マガジン編集長の里村さんから、問題行動トリオでの打ち合わせ=クリエーションでの話し合いがテープ起こしされた文章が届いている。何気ない創作過程のやりとりだが、改めて読み直すと、砂連尾さん、佐久間さんと現在模索している重要な課題が浮かび上がってきて、めちゃくちゃ面白い。いずれ、問題行動マガジンでも公開される予定。

 

例によって、abema tvで大相撲を観戦しながら「四股1000」。本日が大相撲の千秋楽なので、次は9月までお預け。大相撲を聞くことで、現代音楽の直面する課題を乗り越えたハイパー現代音楽を生み出すべく、四股錯誤中。箏とコントラバスの取り組みが印象的。

 

午後は、「瓦の音楽」のリモート・ワークショップ。愛知県高浜市の「かわら美術館」に、子どもがやってきて、瓦を叩き、音楽家のやぶくみこさん、淡路島アートセンターの青木将幸さんと、ZOOMで繋がり、それが会場にプロジェクションされる。自宅でピアノを弾きながら、会場で瓦をポコポコ叩く音色と共演できると、なかなかいい。8月8日の屋根の日に予定の「瓦の音楽」コンサートは、京都と淡路島からのオンライン配信コンサートに切り替わる予定。現地に行ってのコンサートに比べて、リモート演奏は配信のためのテクニカルにクリアすべき点が多く大変だが、今日、いろいろ打ち合わせて、面白くなりそう。かわら美術館の後藤さんの熱意がすごい。

 

大相撲は、照ノ富士が優勝。

 

夕方は、「問題行動トリオ」の十和田リサーチ#2@十和田市現代美術館。現地に行けない状況で、どうやって十和田を体感できるか。ZOOMで見たり、聞いたりはできるが、匂ったり、味わったりはできない。だったら、思い切ったチャレンジで、十和田で味わっている味を、大阪にいる佐久間新さんが体感しようという試み。協力してくださるサポーターのエミコさん、サンノヘさん、サクレさんの3人が、ノリノリで食べてくださり、佐久間さんにどんな味わいかを伝えてくださる。これを見ているだけで演劇でありダンスで、面白すぎる。一つの食材を少しずつ食べて味わい、その味を1時間もかけて伝えるなんて、このディスタンスを埋め合わせようとするお互いの気持ちと、それでも埋め合わされない部分が、なんとも言えない味わい。それにしても、佐久間さんは、頑固に頑なに不器用に独自のスタイルを切り開こうとしている。安易に作品化したり映像化するのでなく、佐久間さんの訳のわからないこだわりの根っこを掘り下げるのに、とことん付き合うと、本当にわけのわからん面白いものができると思う。”ゲージュツ”の枠組みなんかから、はみ出しまくって。そういうことが、問題行動トリオになればいい。

 

その後も、里村さんと問題行動トリオについて、あーだ、こーだと話しているうちに、問題行動マガジンに投稿したくなり、「もんだいこーらす」を執筆。合唱曲の楽譜になっているつもり。これも近々、公開になる予定。

 

問題行動マガジン – mondaikodo magazine

 

JACSHAフォーラム2020をやりたい

4月から始まった「四股1000」は、ついに96日目。100日目達成も間近。この間、2016年と2017年に行った数々のJACSHAフォーラムのトークをテープ起こしした。そう考えると、2018年や2019年に、JACSHAでコンサートは行ったし、作曲も行ったけれども、新たなJACSHAフォーラムを開催していない。オンラインでもいいので、2020年の現時点でのJACSHAの考えを語っておくフォーラムをして、記録しておくべきだと思った。

 

すみゆめの萩原さんとの打ち合わせ。8月9日の一ノ矢さんとのトーク竹澤悦子さんによる「初代高砂浦五郎」の公開収録が8日後に迫っている。新型コロナウイルスの感染が広がっているが、広い会場に少ない定員でゆとりを持っての公開収録なので、予定通り開催できる見込みとのこと。1週間後がどんな状況か想像がつかないが、感染を回避すべく、細心の注意を払って東京へ移動し、万一の場合にも備えて免疫力を高めておこう。それにして、竹澤悦子さんの名演は、本当に楽しみ。野村の新曲を、本日、竹澤さんが通したところ、語りも含めて34分あったとのこと。大作を熱演してくださること、本当に嬉しい。

──────────────────────────
8月9日「すみゆめの七夕」ライブ配信及び公開収録について
※公開収録の観覧をご希望の方は「すみゆめの七夕」申込フォームより
 事前に参加お申し込みをお願いいたします。

※以下のトークイベントは、YouTubeライブで配信いたします。
 14:00~15:00「初代高砂浦五郎
 15:45~17:00「江戸の食を探る」
 当日、すみゆめWEBでURLをご案内しますので、ご覧ください。
浪曲地歌「初代高砂浦五郎高砂浦五郎を賜るの段」は、
 公開収録のうえ、8月中旬頃にすみゆめWEB上で公開します。
────────────────────────── 

 

本日の作曲作業。オンラインワークショップで生まれた「鼓真夜中雨上がり」を北斎バンドにアレンジしていく。これは、トントンストンの相撲太鼓の全く新しいリズムに、呼び上げで使うラレミファの4音を組み合わせたメロディーに、意外な和音がついた不思議な曲。アレンジしてて、不思議だった。自分ひとりじゃ作らない音楽だなぁ。

 

大相撲も優勝争い大詰め。1敗の照ノ富士が2敗となり、2敗の朝乃山が並んだと思ったら緊張したのか3敗に。正代、御嶽海も3敗なので、明日、照ノ富士に勝てば、照ノ富士の優勝だが、照ノ富士が御嶽海に負ければ、照ノ富士、御嶽海、朝乃山ー正代の勝者の3人が3敗となり巴戦になる。巴戦になると盛り上がるだろうなぁ。

 

夜は、8月5日のトークの準備でパワーポイントのための写真選びと、写真のキャプションに、タイトルと、key personを足してみた。

 

服部桜の背中

梅雨が明けて、夏が来た。京都はクマゼミが鳴いている。気温がじわじわと上がっている。今朝の「四股1000」では、序ノ口の取組を見ながら四股を踏み、服部桜の相撲に歓声があがった。服部桜とは、大相撲に入門して5年間、序ノ口から一切出世することがなく、3勝194敗1休という成績を残している伝説的な力士。これだけ負け続けるのに、辞めずに続けているのは、才能かもしれないし、悟りかもしれない。負けた後の服部桜の後ろ姿は、砂連尾さんの目には一仕事を終えて満足した姿とうつっていたようだ。

 

9月6日の北斎バンドのコンサートに向けての作曲作業。7月に行った4つのオンラインでのワークショップを元にした4つの小品を作曲する。まずは、隅田川をテーマに作った歌をアレンジ。沖縄音階の歌を木琴で奏で、イギル(胡弓)が通奏低音、箏が相撲の太鼓のリズムを演奏するアレンジ。そこに尺八が、沖縄音階ではなく木曽節を奏でる、という感じになった。

 

大相撲も大詰め13日目。優勝争いは、1敗の新大関の朝乃山と1敗の元大関で怪我で序二段まで陥落して奇跡の復帰をして幕内に戻ってきた照ノ富士照ノ富士が朝乃山を下し単独トップに立った。3年前には、照ノ富士大関で優勝争いをして、稀勢の里の奇跡の優勝の際に、負傷した稀勢の里に千秋楽の本割と優勝決定戦で連敗して、準優勝になってしまった。その後、稀勢の里は怪我で休場続きで引退し、照ノ富士も休場が続き、大関陥落どころか、十両、幕下、三段目、序二段と落ち続けた。その照ノ富士が復活して朝乃山に勝利したのは、ドラマ。

 

里村さんと家のDIY作業をする。BGMに2月19日放送のポーランドラジオの2時間番組「相撲は音楽か?」をかける。野村の音楽、相撲の音楽、そして戸島美喜夫の音楽をかけてくれた番組。今でもこちらで、聞ける。

www.polskieradio.pl

明日の「四股1000」に向けて、2016年12月6日に3回やったJACSHAフォーラムの1回目のテープ起こし(30分のトークの前半10分程度)をする。自分たちで話しているのに、4年経つと覚えていないこともたくさんあるし、色々参考になる話がいっぱいある。どうして、もっと以前にやっておかなかったんだろう、と本当に悔やまれるが、コロナでステイホームになったおかげで、こうしたアーカイブ作業に取り組めているのは、感謝。コロナさえなければ、「帰ってきた千住の1010人」も上演できたはずだし、「祇園精舎の宿題の」も上演できたはずだし、「メシアンゲーム」も上演できはず。今年、作曲した新曲が、次々に上演されず、延期や中止になり悔しい。でも、コロナがあったから、「I am Jacsha. You are Bacsha.」を作曲し、イギリスのロブがツイッター初演をすることができたし、「四股1000」が始まったし、こうしてJACSHAフォーラムを書き起こしたり、できている。失われた分、その分、何かが入ってくるんだなぁ。その何かをつかまえようとしている日々だなぁ。

 

 

 

 

 

 

集ない人々のための新曲について

4月末に始まった「四股1000」は、3ヶ月継続して、いよいよ4ヶ月目に入る。最初は、ただ四股を踏むだけで、1000回カウントするだけだったのが、100回カウントの仕方が多様化して、歌ったり、楽器をしたり、朗読したりする。ぼくは、いつの頃からか、相撲に関する文章を読むことになり、ついには2016年、2017年に行ったJACSHAフォーラムで相撲と音楽についての対談を読むようになった。1日、1000文字くらい読むので、毎日、1000文字程度のテープ起こしをしていくうちに、貴重な対談の録音を文字化してアーカイブする仕事が進んでいる。今日は、2016年頃に、鶴見幸代が相撲太鼓のリズムで作品を量産していた話。太棹とチェロのための「弦築」、中近東の楽器なども入った「Butsukari」、ピアノ独奏の「Sumo Piano Taiko」など。

 

日本センチュリー交響楽団首席チェロ奏者の北口大輔くんを、月刊武道編集部に紹介し、高砂部屋マネージャーで元力士の一ノ矢さんの「四股探求の旅」の連載の中で、北口くんのチェロを演奏する写真が使われることになった。これが縁で北口くんが月刊武道にエッセイを書くことになったらしい。相撲界と音楽界の橋渡しをすることができて、嬉しいニュース。

 

 

9月6日の北斎バンドのコンサートに向けて、新曲の作曲作業を開始。今月に開催したワークショップの内容を下敷きにした4つの小品。4つの異なるアイディアを箏の13弦にどのように調弦するかを考えていく作業。

 

続いて、「世界のしょうない音楽祭」に向けて、大阪音大の井口先生、日本センチュリー響の柿塚さんと打ち合わせ。今の状況を考えると、実際に集まってワークショップやコンサートができる状況になっている可能性の方が低いので、例年と同じやり方ができない場合、どうするかについて考える必要がある。今年の様々な打ち合わせは、ほとんどが二本立てで、ケース1、ケース2などを想定して計画する。結局、計画しても、また想定外のことが起こる。でも、想定外のことが起こることも想定の範囲内にしていると、ストレスも少ないので、想定外のことが起こるんだろうと思っている。想定しているのは、大阪音大の先生方やセンチュリー響の音楽家たちの意識が高く、充実した音楽体験になるであろうということ。

 

打ち合わせの後、束の間の大相撲観戦。新大関の朝乃山が勝ち優勝争いトップに並走。横綱白鵬が破れ、優勝争いから一歩後退。元大関で怪我で序二段まで陥落してから奇跡のカムバックの照ノ富士もトップに並走。明日は朝乃山と照ノ富士。どちらも勝たせたい。

 

その後、音まち事務局と「千住の1010人 in 2020年」に向けてのミーティング。3月末に判断し、5月31日の開催を10月に延期した。10月だと早すぎる気はしたが、助成金などの事情があって、10月に開催となった。で、10月31日は3ヶ月後なのだが、新型コロナウイルスは相変わらず大流行中で、もともと予定していたプログラムと全く同じことはできそうにない。でも、来年などに延期せずに10月にしてよかったと、今は思っている。この時期に、どうやって「千住の1010人 in 2020年」を開催するかという無理難題を突きつけられ、それを実現するためのアイディアを考えまくること。これには、恐るべきほど鍛えられる。延期するのは簡単。中止するのも簡単。実施するのは、ほとんど不可能に近い。オンラインを駆使したって、1010人で合奏している体験を創出するのは、絶望的に困難。だからこそ、今、この難題に向き合っていられることは、非常に幸福だと思う。ここで頭を捻りまくるのは、本当に得難い体験になる。感染リスクを回避することと、新しい音楽の創出をすることと、集まれないのに集まった感触を生み出すこと。こんな大きな仕事を与えられて、非常にやりがいがあり嬉しい。やっぱり、ぼくは変態なんだなぁ。

 

そして、だじゃ研(=だじゃれ音楽研究会)で、5月31日に演奏するつもりで野村が作曲した「帰ってきた千住の1010人」をZOOM上でリモート合奏をした。やってみると、普通だったら簡単に合奏できることが、全然効果的でなかったり、普通だったら大して面白くもないことが、予想以上に効果的だったりする。今月4回に渡ってだじゃ研と「帰ってきた千住の1010人」を試した。だじゃ研のメンバーも音まち事務局も、色々、一緒に音を出し考えてくれて、本当に感謝。実際にリモート合奏にアレンジできる可能性も探れた。と同時に、リモートに向いていない箇所も様々にあった。これらを踏まえて、ぼくは、もはや「帰ってきた千住の1010人」の上演に固執することを止めようと思った。「帰ってきた千住の1010人」は既に作曲したので、いずれ人々が集える時代になったら、初演できる。今のような人々が集ない時期になって、ぼくは集ない人々のための新曲を書き下ろすべきだ。2020年にしか書けないし、2020年にしか上演できないような曲を書こうと思う。

 

 

 

 

 

 

 

リモートでない共演での本番、初体験

朝、「四股1000」で、2016年のJACSHAフォーラムのテープ起こしを音読した。JACSHAは3人の作曲家に留まるのでなく、多くの人を巻き込むプロジェクトとして、JACSHAという現象になっていくといいのでは、という話があった。JACSHAという現象になっていくように仕掛けていきたいと思った。

 

本日は、アバンギルドでギタリストの勝野タカシさんとの「宿題とあそび」の公開収録だった。京都の木屋町三条にあるライブハウス。勝野さんが京都府の支援金を得て、野村と勝野の即興ライブシリーズ「宿題とあそび」を映像化して配信することになった。本日が公開収録で、動画は編集されて1ヶ月後くらいに公開になる予定。映像撮影の江村さん3人組と、音響の方(名前を思い出せずすみません)と、照明の竹千代さん。勝野さんの提案で、アバンギルドの厨房で演奏する動画を撮影したり、客席で演奏する動画を撮影したり、階段で演奏する動画を撮影したりした。

 

その後、たゆたうのボーカルのにしもとひろこさんがゲストで登場。にしもとさんと3人での即興も撮影の後、ステージにセッティングして、20時の開演。

 

新型コロナウイルスの感染が広がっているので、映像でライブ配信をするのだが、ステージ上で、勝野さんと共演して、改めてびっくりした。この4ヶ月間、家でピアノを弾くことはあっても、ライブハウスでPAして大音量でピアノを弾くことはなかった。勝野さんのギターがアンプでガンガンに鳴っていて、しかも、それが同じ空間で鳴っていて、それと即興で共演していて、当たり前ながらタイムラグがない。4ヶ月前に、アコーディオニストの大田智美さんとニコニコ動画で無観客コンサートの配信をして以来の感覚。先月、カエルケチャ祭りで、ほんまなほさんと同じ空間で演奏したけれども、あの時は、同時に遠方の砂連尾さんや古川さんやインドネシアのスボウォさんやタイのアナンとも共演するリモート共演が中心だったので、こうして、同一空間での本番は本当に4ヶ月ぶり。この4ヶ月、リモートでの独奏や、リモートでの共演ばかりだった。改めて、この4ヶ月ぶりの初体験に心底びっくりしながら、演奏した。同じ空間にいて演奏するって、こんなに尊いことだったのだと、再確認した。

 

貴重な体験をありがとう。1ヶ月後の動画公開が本当に楽しみ。

 

明日の「四股1000」に向けて、2016年12月6日のJACSHAフォーラムのテープ起こしをやって後、就寝。

バッハ没後270年

今朝の「四股1000」では、ぼくは、2016年12月6日のJACSHAフォーラムを音読した。相撲聞芸術大学の構想が語られて、今更ながら、この「四股1000」が実は相撲聞芸術大学になっているのでは、という話になる。竹澤悦子さんが箏を弾いてくれて、それを聴きながらAbema TVで相撲を見る。相撲を見ながら即興演奏をすると、相撲が違って見えてくる。

 

4年前のJACSHAフォーラムの日の日記を読み返す。意外とあっさり書かれている。

 

JACSHA(日本相撲聞芸術作曲家協議会)フォーラム - 野村誠の作曲日記

 

明日、アバンギルドで勝野タカシさんと「宿題とあそび」オンラインライブの収録をするので、そのために新曲をつくってメモをする。

 

里村さんと我が家を夏仕様にするDIY作業のために、ホームセンターに出かけて木材などを買い込む。

 

大関朝乃山が今場所初黒星で、9勝1敗に。その後、竹澤悦子さんとオンラインで稽古。野村の新曲「初代高砂浦五郎」は、30分ほどある三味線弾き語りの大作。さすが悦ちゃんで、歌と三味線の表現力が抜群で既に迫力満点。本番の8月9日まで2週間を切って、ワクワク。新型コロナウイルスの感染が再び拡大している今、2週間後の状況が予測がつかず、本当に2週間後に無事開催できるのだろうか?状況の好転を祈るが予断を許さない状況。

 

夜になって、今日がバッハ没後270年の日だったことに気づく。こんな日に限って、バッハを弾かなかった。気付いた時にはもう夜で、近所迷惑なので、もうピアノは弾けないので、音源でバッハを楽しむ。

 

明日の「四股1000」に備えて、JACSHAフォーラムのテープ起こし。鶴見幸代の「ぶつかり」という曲の話で、結構、盛り上がる。