野村誠の作曲日記

作曲家の日記です。ちなみに、野村誠のホームページは、こちらhttp://www.makotonomura.net/

「土俵にあがる15の変奏曲」世界初演

そもそも、「ヴァイオリンリサイタル」に行くなどと言ったら、昔の野村を知る人は、野村誠も随分保守化したものだ、と思うに違いない。日本センチュリー交響楽団と仕事をしていると言ったら、昔は過激なことをいっぱいしていたけど、今は、オーケストラと仕事をするクラシックな作曲家になってしまった、と言われるかもしれない。

 

今日の「ヴァイオリンリサイタル」は、所謂「ヴァイオリンリサイタル」じゃなかった。ヴァイオリニストが裸足で登場するし、ヴァイオリンを弾かずに、行司の軍配のように構えるし、四股は踏むし、叫ぶし、観客が一斉に「よいしょ」と言うし、アイヌ語の音声が流れるし。

 

小川和代さんは、オーケストラでヴァイオリンを30年弾いてきたキャリアがあるにも関わらず、どうしてこんなに冒険する勇気があったのだろう。どうして、こんなにやり抜く気持ちが持てたのだろう。

 

保守的だと思い込んでいたオーケストラプレイヤー、しかもベテランのプレイヤーが、こんなに新しいことにチャレンジして、こんなに嬉しそうにしているのだから、ぼくも、もっともっと、新しいことにチャレンジしていきたいな、と勇気づけられた。

 

非常に気迫のこもった熱演だった。先祖の霊を成仏させてしまうような迫力の演奏だった。ぼくの新曲「土俵にあがる15の変奏曲」の世界初演、さらには、アンコールで「相撲聞序曲」がJACSHA編曲版でできて、作曲家としては、自分の作曲した曲が2曲も演奏されて、幸福な一夜だった。鶴見幸代の作品、樅山智子の作品にも、大いに刺激を受けて、また音楽を作りたくなった。

 

こんな月並みにありがとうとか言うのも、なんだかなぁ、と思うけど、やっぱり感謝。本当にありがとう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

裸のハイドン

明日の小川和代ヴァイオリンリサイタルに向けて、リハーサルに立ち会いに行く。チケットが完売間近で、残り数枚となっているらしい。

 

ぼくが行く前に、既に、鶴見幸代作品、樅山智子作品のリハーサルは終わっていた。ぼくの新曲「土俵にあがる15の変奏曲」のリハーサル。ぼくだけが意見を言うのではなく、鶴見親方、樅山親方にも助言をもらう。高砂部屋を見学した時に、高砂親方が寡黙であまり何も言わない間に、若松親方が次々に叱咤激励していた様子を思い出す。

 

小川さんは、クラシックのヴァイオリニストで、決して現代音楽の専門ではない。なのに、ぼくらの無理難題な注文(それは時に相撲の動きだったり、気迫だったり、「待った」の仕方だったり、軍配の構え方だったりする)に、応えてくれる。本当に熱の入ったいい稽古だった。そして、演奏がますます練り上げられて、よくなった。

 

夜は、アートエリアB1に移動し、「ハイドン大學」。ハイドンと相撲の共通点や類似点について、鶴見幸代と熱く語り合った。ハダカの表現について。シンプルな作曲について。あっさりした終わり方と多作について。ぼくは、ハイドンの楽譜を読んで、随分と反省し、ここ数年で以前よりも多作になった。鶴見さんは、別の意味で反省したそうだ。チャイコフスキードビュッシーメシアンも、相撲で解説できることが判明した。鶴見幸代のラジオ番組やってほしい。明日のコンサートでは、ベートーヴェンも相撲になるのかもしれない。

 

 

 

 

 

相撲ノオトのリハーサル

ヒューとエマとの濃密な11日間が終わり、東京で二人と別れる。次、いつ再会できるだろうか。また、一緒に何かをしたい。

 

ヴィブラフォン奏者の會田瑞樹さんのスタジオを訪ね、野村誠作曲「相撲ノオト」のリハーサル。2月15日に大阪のフェニックスホールで世界初演横綱土俵入りの動きをトレースして作曲した1曲目「土俵入り」から、本当に味わい深い響きと動きの曲になりそう。ヴィブラフォンの音色を間近で聞き、感激。2曲目の「取り組み」もいろいろ遊んでもらえそう。3曲目「大一番」は白熱した熱演が期待できそう。4曲目の「ストニコ」は実は弾くのが難しい曲なのだが、本番まで時間があるので、美しく仕上がりそう。

 

相撲と音楽は、ほとんど無関係に思われているが、どちらも、神と交信する儀式だったり、人を喜ばせるエンターテインメントだったり、身体を駆使する運動だったり、伝統があり、時代とともに変化してきていて、共通することも多い。

ミステリー音楽の未来

砂連尾理さんが、ラジオで野村誠作曲の「たまごをもって家出する」をかけてくれたらしい。向井山朋子さんの演奏の音源。来週のポーランドツアーで、ぼくも演奏する予定の曲。

 

えずこホールで、ヒューとの「ミステリー音楽」4日間のワークショップの最終日。今回、11日間ヒューと日本で一緒にやった最終日でもある。

 

この1年間で、ヒューと随分一緒に過ごした。2018年11月に、ヒューの家を訪ねて数日過ごした。今年の1月に、えずこホールで「ミステリー音楽」を4日間やったし、千住でだじゃ研とのセッションもした。3月には、イギリスでヒューのコンサートに参加した。9月には、イギリスで、ヒューとミステリー音楽のワークショップをやった。そして、11月に大阪でヒューと2日間、日本センチュリー交響楽団との高齢者施設でのワークショップ、さらに2日間「ホエールトーン・オペラ」のワークショップ。さらに、京都と東京で「Dementialand」を経て、えずこホールで4日間「ミステリー音楽」をした。つまり、この1年間で約30日ほど、ヒューと一緒に過ごした。

 

本日の発表会では、以下のプログラムを上演

1 はげちゃったんだよね 

  I’ve got bald

2 相撲聞序曲(野村誠作曲) 

  Overture for Sumo Hearing

3 ミステリーソナタ(ビーバー作曲) 

  Mystery Sonata (Biber)

4    交響曲第64番第3楽章、第8番第2楽章(ハイドン作曲)

  Symphony no.64 mov.3, no.8 mov.2 (Haydn)

5 認定干し柿ポルカ

  Persimission Polka

6 ナゾンガク

  Nazongaku

7 認知症の世界より 何かあれそれ(Hugh Nankivell作曲)

  Something Thing Anything

8 ボケブラリー

         Bokebulary

9 電気のミステリー

  Electricity Mystery

10    100歳

  Hyakusai

11    ワセイル

  Wassail

12    指揮のミステリー

  Conducting Mystery

13    あんこもち

  Ankomochi

 

「ミステリー音楽」は、ミステリーなので謎があっていい。だから、説明不能な要素、不可解な要素は推奨される。プログラムも、シンプルな歌もあれば、難解な現代音楽にカテゴライズされる抽象的な音楽まで、支離滅裂にいろいろな音楽が含まれる。「ミステリー音楽」という枠組みのおかげで、多様性が推奨される。そこが居心地がよかった。どうして、こんな曲順なの?というプログラムでも、論理を超えたミステリーでいい。辻褄を合わせる必要がない。その安心感が音楽に豊かさを加える。

 

あと、どこかにミステリーのある衣装で、各自の衣装を選んでもらったら、いろんな勝手が許されて、統一感のない統一感になる。そうした勝手が共存できるところも、ミステリーの良さだった。

 

そして、こうした混沌に近い振れ幅を受け入れられる場。えずこホールの暖かい雰囲気と、参加者の良いエネルギー。とてもとても良い時間だった。まだまだ、謎がいっぱいあるから、音楽に取り組んでいける。これからも、自分の想像力の及ぶ範囲に留まらずに、音楽の謎に、取り組んでいくこと。ミステリーを楽しむことに、音楽の未来や世界の未来を見られると思った。ありがとう。みなさん。

 

 

 

 

 

 

ミステリーソナタ/ボケブラリー/干し柿ポルカ

本日は、老人ホーム「あいやま」をヒューとエマと訪ねる。

 

来週100歳になる村上さんに、昨日つくった新曲「100歳」を歌って聞かせる。そして、お年寄りの言葉をもとに、「あんこもち」を作詞/作曲。指揮棒で、お年寄りに指揮をしてもらい、充実した時間が過ごせた。

 

夜、えずこホールでのワークショップ。「あんこもち」を歌い、「はげちゃったんだよね」を歌い、「100歳」を歌い、昨日の指揮のルールで指揮による即興。「なぞんがく」は、ソラシドレの5音による曲で、ファミが鳴ると止まる曲。

 

3グループに分かれて、

 

1)ビーバーの「ミステリーソナタ」の再解釈

2)言葉が失われていく「ボケブラリー」

3)干し柿を楽譜とみる「干し柿ポルカ

 

に取り組む。ヴァイオリンのエマが、ヒューとは違った個性を出しているので、ノムラ、ヒュー、エマの3グループに分かれて創作の時間がますます楽しい。

 

明日は14時から発表会。ワークショップに参加していない方々も、大歓迎。

 

 

 

 

 

100歳/ハイドン相撲/ほか

奇跡の公共ホール、えずこホールにいる。えずこホールに初めて来たのは15年前。2004年に、ヒュー・ナンキヴェルとWhaletone Operaを始めた。2005年、2006年もWhaletone Operaをヒューとやり、2006年に、十周年プレイベントで、倉品淳子、絹川友梨を招いて、音楽と即興演劇のコラボ。2007年には、住民参加と越境をテーマにした実験的な舞台、演劇交響曲「十年音泉」をやった。2009年にヒューと佐久間新と、「Keyboard Choreography Collection」をやり、2010年には宮田篤と「らくがっき」をやった。2014年に砂連尾理、上田謙太郎との「えずこRemix」、2015年に砂連尾理、上田謙太郎と「群像舞楽」、2017年に門限ズで出演した「えずこ星人」、2019年には、ヒューと「ミステリー音楽」をやった。この15年間、えずこホールで始まったことが、日本の各地、世界の各地に伝播していったことが、何度もあった。だから、えずこホールで時間を過ごすのは、特別なこと。

 

今日は、ワークショップが夜なので、午前中からホールで、ヒューとエマと色々なことを試せた。例えば、エマがイギリスに帰ったら演奏するバルトークを、ヴァイオリンと鍵盤ハーモニカで合奏したりした。来週、豊中世界初演になる「土俵にあがる15の変奏曲」を初見で一緒に弾いてもらったりもした。そして、相撲について、色々話をした。すると、相撲から着想を得て、エマが、Wassailというイギリス西南部に伝わる儀式の話をしてくれた。そして、気がつくと、今日の夜に、ワークショップでWassailを発展させることになった。こんな交流の時間が持てるのも、ありがたい。

 

午後には、ハイドン交響曲を分析したり、ワークショップの準備をしたりする。今回の「ミステリー音楽」ワークショップを、えずこホールでの4日間に留めずに、どのようにイギリスに続けていくか、を話し合った。イギリスの老人ホームに繋げられたり、イギリスの植樹祭に繋げられたり、イギリスのファミリーオーケストラのコンサートに繋げられたり、イギリスのアガサクリスティフェスティバルに繋げられたりする。

 

今日のワークショップでは、まず、昨日作った歌「I've gone bald」を歌った。ぼくがタイトルを書き間違えて、「I've got bald」というタイトルになった。続いて、イギリスのエクセターのファミリー・オーケストラでやっている即興指揮のルールを教えてもらい、そこに謎の指揮のルールを加えた。この方法で、イギリスで12月15日にファミリーオーケストラ「Aubergines」が演奏してくれる。続いて、明日訪ねる老人ホームあいやまに、100歳になる人がいるので、そのための誕生日の歌を作詞/作曲する。五線の上に手で触って次の音符の場所を決めて、作曲。この曲は、2月にベスエスダ老人ホームで、100歳の誕生日を迎えるアーサーにも聞いてもらうことになる。そして、相撲に着想を得て、エマが創作した新しい芸能Wassailの植樹祭の音楽と動きを考えた。これは、来年1月18日と19日にイギリスのエクセターでの植樹祭でやってもらうことに。イギリスらしい民謡のメロディーに、日本人が考える動きがついて面白い。最後に、エマのグループは、電気のミステリーを、ヒューのグループは、ナゾンガクを作曲。そして、ぼくのグループは、ハイドンと相撲のミステリーに迫った。ハイドンと相撲が合体したパフォーマンスは、12月10日の「ハイドン大學」で紹介することになる予定。

 

今日もいっぱいミステリー音楽に取り組んだ。ヒューとエマと、こんなに濃密な時間が過ごせるのは、貴重な時間で嬉しい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューとノムラのミステリー音楽2 始まる

えずこホールに移動。

 

ヒューとのミステリー音楽ワークショップが始まる。

 イギリス→日本→イギリスと推理された歌が、また日本の歌になった。

 

90代の陽気なおっさん

森の中で探してる

めんどくさいこと忘れよう

でも行こう行こう行かなくちゃ

追いかけられて逃げて逃げて

はげちゃったんだよね

わからなくてもいいじゃない

 

イギリスでスティーヴと作った動画への返答としてのミステリーパフォーマンスもやってみた。

 

13年前にホエールトーン・オペラに参加した中学生が、大人になって結婚していて、時の流れを感じた。