野村誠の作曲日記

作曲家の日記です。ちなみに、野村誠のホームページは、こちらhttp://www.makotonomura.net/

しょうぎ作曲ワークショップ

十和田市現代美術館にて、しょうぎ作曲のワークショップ。「しょうぎ作曲」を考案したのは1999年で、20年にもなる。それぞれが、違った価値観、違った背景、違った能力、違った音楽性を持っていて、それぞれが相手を尊重し合いながら、自分なりの立ち位置で他者と共存していくための共同作曲法として考えた。20年前に考えた時には、多様性とかインクルーシブとか言う言葉を聞くことはなかった。20年経って、世の中も少しずつ変わっている。

 

しょうぎ作曲は、共同作曲のメソッドでもあるので、考案者の野村なしに行われることもある。沖縄で鶴見幸代がしょうぎ作曲のワークショップをしたり、ギリシアでAlexis Porfiriadisがしょうぎ作曲をしたり、九州大学で長津結一郎がしょうぎ作曲をしたり、色々なところで、時々行われている。今日は、ぼく自身も参加して、しょうぎ作曲をした。

 

しょうぎ作曲では、作曲とは何か?、音楽とは何か?を定義しない。その代り、参加する人それぞれが、自分が音楽だと思うこと、自分が作曲だと思うことをする。もし、他の人が、それは音楽ではない、作曲ではない、と思ったとしても、その人が音楽だと思ったこと、作曲だと思ったことを尊重する。だから、それぞれが思う「音楽」や「作曲」にずれがあるかもしれないが、そのずれの集積としての「音楽」や「作曲」が立ち上がる。それは、誰か個人の価値観としての音楽や作曲ではない。

 

この中心のない「しょうぎ作曲」の魅力や面白さを、今日も体験することができて嬉しい。みなさん、ありがとう。

 

 

 

シシオザルがむずかしい

作曲をすることは、橋をかけることだ。そこにいつも魅力を感じている。ヴァイオリンと、だじゃれを言う動画が共演する曲はなかった。この異質な二つが共存できるように橋をかけること。出会うことのない世界の間にバイパスを通すこと。それは、大きな作曲への意欲になっている。ヴァイオリンとバリガムランの時もそう。普通だったら、出会わないものの出会い。

 

だから、ヴァイオリンとピアノという編成で作曲するとなった時、最初、どこに橋をかけていいか分からなかった。ヴァイオリンとピアノは、クラシック音楽で最もオーソドックスな編成の一つだ。でも、相撲の呼びあげの声をテーマに作曲しようと思った瞬間に、クラシック音楽と相撲の間に橋をかければいいのだ、と思うと、作曲に着手できた。ぼくは、溝やギャップや隔たりを見つけないと作曲できないのかもしれない。

 

作曲も終わって、これから遠征なのだが、その前に、8月25日のコンサートに向けて、ピアノの練習。2007年に作曲したアコーディオンとピアノのための「動物の演劇組曲」が大作で、12年前に書いた譜面を見て、今の自分とも作風が違って予想のつかない音の並びに苦労する。2曲目の「シシオザル」アコーディオン+ピアノ版は、トリッキーで難しい。とりあえず、時間を見つけて特訓!

 

今日から東北遠征。新幹線で移動。

 

 

 

土俵にあがる15の変奏曲

小川和代さんのための新曲の作曲も山場。本日、最後まで書き上げて完成。タイトルは、「土俵にあがる15の変奏曲」となった。大相撲が初日から千秋楽まで15日間なので、全部で15曲にしようかと思って、その場合は、テーマ+14の変奏で合計15になるので、最初「土俵にあがる14の変奏曲」と考えたが、どうせなら15がいいな、と思ったのと、書いてみたら、変奏が15まできてしまったので、15の変奏曲に。その後は、楽譜をプリントアウトして、校正作業をして、無事校了。ああ、12月が楽しみだ。

 

月刊「武道」8月号に書いた「相撲聞芸術の道」も校了日本武道館発行の雑誌に書かせてもらえたことが嬉しい。

 

世界初演は12月11日(@豊中市立文化芸術センター小ホール)で、野村の「土俵にあがる15の変奏曲」以外に、鶴見幸代さん、樅山智子さんの新曲と、ベートーヴェンのクロイツェルソナタが演奏される。

 

ちなみに、相撲関連では、8月11日にJACSHA岩槻場所をさいたま市岩槻区で開催する。チラシができて、広報も始まっている。

 

www.facebook.com

 

8月25日に、アコーディオンの大田智美さんとコンサート。プログラムは以下の通りで、全曲野村誠作曲作品。2007年に山下残のダンス作品「動物の演劇」のために書いた作品全曲演奏が目玉で、これ練習しないと大変。これから、頑張ります。

 

新潟組曲「水と土のこどもたち」(2018)
1 謎の多い自然
2 チョチョズ
3 愉快な小熊さん
4 蓮の成長
5 福島潟大事件
6 福島潟散歩

 

「動物の演劇組曲」(2007)
1  オープニング
2 シシオザル
3 ドゥクラングール
4 オランウータン
5 北極グマ
6 インドライオン
7 オオアリクイ
8 ニホンザル
9 ウミネコ
10 オットセイ

 

「ウマとの音楽」(2005)

 

 

 

相撲のフーガ

相変わらず、作曲が続いていて、譜面を書いている。ヴァイオリ二スト小川和代さんのために作曲している。ヴァイオリンが主役の曲は、2010年代になってから、次の3曲を書いている。

 

ルー・ハリソンへのオマージュ(2017)      ヴァイオリン+バリガムラン

だじゃれは言いません(2013)      ヴァイオリン+映像

ポーコン(2011)    ヴァイオリン+打楽器

 

 

しかし、ヴァイオリンとピアノというオーソドックスな編成で書くのは、実は、大学生の頃に書いた習作「意味のない会話」(1987)以来だ。

 

で、ヴァイオリンと打楽器とか、ヴァイオリンと映像とか、ヴァイオリンとガムランとかに比べて、ヴァイオリンとピアノという編成は、あまりに古典的で作曲に取り組む上で苦労する。ヴァイオリンと映像とかは、本当に簡単だった。最初から異質なものを共存させさえすれば、曲になる。ヴァイオリンとピアノという組み合わせは、オーソドックスすぎて、頭を悩ませるのだが、発想を変えてオーソドックスだから面白いと思って、作曲している。

 

相撲をテーマに作曲しているが、相撲のいいところは、とにかく何でもあり。儀式なのに、エンターテインメント。屋内でやっても屋根は残す。テレビ中継のために柱を取り除いて、屋根は宙吊りで、柱の代わりに房を垂らす。伝統を変化させずに博物館的に残すのではなく、今も生きている伝統として、どんどん色々なものを取り込んで変化していく。国際化にも成功して、多国籍の人々が大相撲に所属している。だから、なんでもありの音楽を書きたいと勇気づけられる。

 

今、相撲の呼出しさん呼び上げを主題にした変奏曲を書いているのだが、今日も、バッハのフーガのような変奏を書いたり、西洋クラシック音楽の模倣みたいな変奏を入れている。これは、ピアノとヴァイオリンだから、クラシック音楽風に書いたらクラシック音楽風に響くのであって、この編成を活かす一つの方法。第12変奏まで書いて、そろそろ完成の手前まできた。完成するまでに、できるだけ試行錯誤して、いろいろな発見をし続けていきたい。

 

 

ヴァイオリンは相撲

相変わらず、自宅にて作曲中。相撲をテーマにした新曲。12月11日に世界初演。しかし、今日は夜は、お出かけ。豊中市立文化芸術センター小ホールでのコンサート「古典と20世紀のポーランド作品」。このコンサートタイトルは、地味なのだが、弦楽四重奏のコンサートで、ベートーヴェンバツェヴィッチ、メイエル、ラスクという4人の作曲家の曲を演奏する。今年は、日本とポーランドの国交100年の年だが、それに因んでのプログラム。バツェヴィッチ、メイエル、ラスク、どれも知名度の高くない20世紀のポーランドの作曲家なので、興味を持って聴きに行った。それに野村の「ミワモキホアプポグンカマネ」を演奏してくれた日本センチュリー交響楽団首席チェロの北口大輔くん、野村の「ポーコン」を演奏してくれた日本センチュリー交響楽団コンサートマスターの松浦奈々さんも出演。

 

やはり演奏家がいいので、曲の魅力が引き出されるし、20世紀の現代音楽って楽器の色々な音色を使っていることが多いので、多彩な音色を味わえるし、さらには力強く作曲家が意図したことを超えるようなメッセージを語りかけてくるので、どんどん音の世界に引き込まれた。いやぁ、この4人に、ぼくも演奏してもらいたく、ポーランドの方々が羨ましい。

 

さて、と同時に、今は相撲の曲を作曲中なので、どうしてもヴァイオリンを見ると、相撲のことを考えざるを得ない。そして、演奏中に、ヒントがいっぱい転がっているので、曲を聴きいるだけでなく、ついつい自分の作曲のことも考えてしまう。今までヴァイオリンなんて、数え切れないほど見ているのに、生まれて初めて、ヴァイオリンを演奏している姿が相撲に見えた。顎の下にヴァイオリンを挟んでいる状態が、相手力士に頭をつけられている相撲の状態に見えたのだ。ああ、ってことは、ヴァイオリンの弦を押さえている左手は、相手力士をおっつけている感じの動きだ。逆に、弓を持っている右腕は、G線を弾く時には、脇が開く(かいなを返す)状態になり、E線を弾く時には、脇が閉じた状態になる。ああーー、相撲の動きをトレースすると、ヴァイオリンの動きになるんだ。と勝手に、ヴァイオリンと相撲を関係づけて興奮。

 

それにしても、このポーランドのマイナーな作曲家を列挙したコンサートが、満席に近いほどお客が集まったことは、喜ばしい。今日来場した観客は、演奏家やホールに対する信頼があるから、プログラムの内容がなんであれ来たのだろう。そして、こうして集客できると、演奏家もホールもリスクを冒して独自の選曲での演奏会が開催できるようになる。こうした意欲的なプログラムを、これからも続けていってほしい。

 

 

 

天才少年の自由な音楽

日本センチュリー交響楽団の小川和代さんのヴァイオリンリサイタルのために新曲を作曲している。小川さんは数年前より、野村とのワークショップに参加していて、本人によると、他の楽団員の人が楽しいと言っている評判を聞いて参加したのが最初らしい。即興もワークショップも未知の世界で、最初は、本当にどうしていいのか戸惑うし、楽しむこともできなかったという。しかし、小川さんは色々なことにチャレンジされて、ワークショップもやるし、即興もするしで、ついには、2018年の1月には、前田文化での解体工事との即興コンサートで、ヘルメットを装着して、工事のノイズとヴァイオリンで共演した。その小川さんが、長年やっていなかったヴァイオリンリサイタルを、今年の12月に開催することになった。その大切な久しぶりのリサイタルで、ベートーヴェンを弾くだけでなく、野村とやってきたコミュニティ・プログラムでの経験を生かしたプログラムをやってみたい、と提案があった。柿塚プロデューサーの提案で、JACSHA(日本相撲聞芸術作曲家協議会)が作曲するプログラムになった。つまり、ベートーヴェン、鶴見幸代、樅山智子、野村誠の4人の作曲家の音楽で構成されるリサイタルをする、というのだ。

 

というのが背景で、今、ぼくは作曲している。テーマは相撲なのだが、相撲は様々な要素があるので、今回は呼出しさんが力士を呼び上げる「呼び上げ」にフォーカスして作曲することにした。「ひがーしーー、あさのやまーーー。にーしーー、、、、」というやつである。これを主題にした変奏曲を書いていて、今6番目の変奏くらいを書いている。面白いもので、呼び上げだけに限定して書いているのに、なぜか、立ち合いの「待った」みたいな音楽になったり、行事の「のこった、のこった」のようになったり、力士がカラダをパチパチ叩くボディパーカッションが加わると良い感じになったりする。そうして、いろいろ入ってくるものは、排除しない。相撲の良さは、本当に儀式であったり、エンターテインメントであったり、伝統なのに、テクノロジーを駆使したり、そういう風に混在しているところが、本当に魅力で、だから相撲をテーマに作曲するからには、そうして混在してくる雑種な音楽になる。作曲に濁点をつけて、雑曲と言ったことがあるが、まさに、雑曲かもしれない。複雑の雑。雑誌の雑。雑学の雑。音楽は、雑楽でいいのかもしれない。そして、作曲していると、小川和代さんのことを思い出す。彼女が演奏していることをイメージすると、いろいろ湧き上がってくる。

 

さて、今日は、作曲を途中にして、健康診断に出かけて、尿検査は異常なし、血圧は相変わらず低め。血液検査とレントゲンは結果待ち。とりあえず、やっと健康診断に行けた。

 

その後、小学校2年生のJくんと音楽で遊ぶ日。行くなり、今日は野村くんとシンセサイザーで遊ぶ、と言って、シンセやらシークェンサーやらがパッチで繋がっていて、いろいろボタンを押したり、ケーブルをつないだりして、遊ぶ。そのうち、電子ピアノで急に、エンターテイナーやらドビュッシーやらを楽譜で初見で弾かさせられて、彼はそれに合わせて、スライド笛やオタマトーンで即興したり。電車やバスのミニカーの車輪の擦る音でリズムをとったり。積み木でリズムを奏でたり。とにかく自由。そして、彼が幼稚園の頃にレコーディングした謎の作品を聞かせてもらう。もうこれが、どうやって作ったのか謎なのだが、ジョン・ケージもびっくり、ベルント・アロイス・ツィンマーマンもびっくりの驚きのコラージュされたアバンギャルドな音楽で、面白過ぎて感動する。どうして、こんな自由な音楽をつくれるのか。こんな特異な才能を、ぼくだけが味わっているのがもったいないくらいだ。

 

こうして、Jくんの刺激を受けてのち、また家に戻り作曲を続ける。それにしても、彼の音楽は面白かった。

 

 

トットに門限ズのインタビュー掲載されました

鳥取ウェブマガジン「トット」に、門限ズのインタビューが掲載された。長文で読み応えがある。

 

門限ズ(クロスジャンルバンド)#1 まずは自分たちで越境する遊びをしよう | +〇++〇(トット)

 

今日も引きこもりで作曲。基本、作曲家という職業は引きこもり。家で黙々と作業をしていることが多い。この引きこもりが世の中と断絶して自分の世界にこもりすぎてしまうので、ぼくは、人と関われる時間をとりながら作曲したいと思って、人々と交流しながら作曲する道を切り開いてきた。あと、譜面を書いていると視力が落ちるので、ずっと譜面を書いているとメガネの生活になるだろうなぁ、と思って、メガネが似合わないので、譜面を書いてばかりの生活はやめようと思って、交流しながら作曲する道をつくることにした。そんなことを考えたのは、20代の頃。当時の展望では、20代のうちは体力があるので、子どもと走り回ったりできるが、年をとったら無理、譜面を書くのは年をとってからでもできる、だった。つまり、当時の展望では、50になったら、子どもとのワークショップなどする気力も体力もないだろう、という予想だったのだが、50になっても、相変わらずやっている。体力は落ちるものの、年齢を重ねると力の抜き方を覚えることもある。

 

というわけで、ぼくの人生は、家に引きこもったり、遠征に出たり、が交互に訪れる。とりあえず、この作曲が終わるまでは、引きこもり。というわけで、昨日から書き始めた譜面の続きを書いている。スケッチしていて、方針は決まっているのだけれども、実際に音符を書いていくと、楽譜が勝手に語り始めて、曲は思わぬ方に展開していくことが多い。この思わぬ方に転がっていく感じが作曲している時の楽しみである。それは、ワークショップをしている時も似ている。こんな方針で進めようと事前に考えていても、実際に始めてみると、予想外のことが起こって、事前には予想しなかった発見がある。一人で作曲している時も、同様なのだが、これは多分、自分という人格の中に色々なキャラクターがいて、その様々な自分が共同作曲しているような感じだからだ。

 

というわけで、作曲を楽しんでいた。すると、ちょっと昨年つくった新潟組曲「水と土のこどもたち」に似た感じが出てきて、そういえば、8月25日に、大田智美さんとコンサートするんだった。新潟組曲も演奏するし、「動物の演劇組曲」も10曲全て演奏するつもりで、譜面を引っ張り出して見てみると、難しい。これ、練習しなければ、急には弾けないよ、と大慌てで譜読みを始める。

 

作曲は、そこそこ順調に進んでいるので、今週中には書き終わる予定。それにしても、引きこもっていると、誰とも話もせず、誰にも会わずに、気がつくと1日が過ぎていく。