野村誠の作曲日記

作曲家の日記です。ちなみに、野村誠のホームページは、こちらhttp://www.makotonomura.net/

「友へ」世界初演

本日、草柳和之さんにより、野村誠作曲「友へ」が世界初演され「合唱指揮者、金谷裕美子氏をしのぶ会」@聖書キリスト教会)、大変、好評だったそうだ。草柳さんは、DV問題に取り組むカウンセラーで、2001年に「DVのなくなる日のためのインテルメッツォ(間奏曲)」を委嘱して、それ以来、DV関連の講演やシンポジウムの会場で、野村作品を弾き続けている。その後、第2の委嘱作「DV撲滅ソングーDVカルタを歌にした」を歌い、様々な形で世界から暴力が消えていくことを訴えている。

 

「問題行動ショー」に向けてのピアノの練習の後、京都から東京に移動。移動の時間は自由時間で、スマートフォンなどを持っていないので、読書にあてられる。家にいる時は、乱読することができて、いろんな本を次々に少し読むのが楽しいが、移動中は荷物になるので、一冊だけ持って行く。若い人だと電子書籍になって、データで無限に本を持ち歩けるのかもしれないが、紙の本が好きなので、一冊だけになる。今日は、ポーランドの作曲家ルトスワフスキーの作曲技法について書かれている「The Music of Lutoslawski」を持って出た。半分くらいまで読んで、しばらく手にとっていなかった本で、久しぶりに続きを読む。今年の12月は、ポーランドをツアーすることを思い出す。ルトスワフスキーの音楽は、響きがとても美しく、その秘密は、彼の1オクターブの12音全てを数オクターブに分散させる12音和音にある。それは、12色の絵の具を混ぜたら、単に濁った灰色になりそうなのに、12色の絵の具を順番に配色して、見事な色彩を作り出すような感じだ。

 

そして、ルトスワフスキーも、作曲上の困難/問題にぶち当たり、「交響曲第3番」の作曲に着手して2年くらいして後、一度、中断してしまう。そして、その困難の解決の糸口を見つけたところで、今日の読書は終了。リゲティにしても、ピアノ協奏曲の1ページ目を書き始めてはボツにし、というのを延々と続けて、6年くらいかかって、やっと作曲にとりかかれたりしている。既に自身のスタイルも確立し名声もある巨匠が60歳くらいになって壁にぶち当たって、それを乗り越え、新たなチャレンジをしていく様子は、読んでいるだけでも、感動的で勇気をもらう。

 

Lutosławski - Preludes and Fugue for 13 solo Strings - YouTube

 

 

梅雨

明日から東京遠征。日本は梅雨。雨が降っていて、カエルが鳴いている。昨年の今頃は、ずっと香港だった。それに比べると、日本の6月はまだ涼しい。

 

雨だし、予定もないので、ずっと自宅。「問題行動ショー」に向けてのピアノの練習をする以外は、家事や読書でリラックスして過ごす。読書と言っても、乱読。何かの本を数ページ読んでは本棚に戻し、別の本を数ページ読む。それの繰り返し。ほんの数ページでも、情報やメッセージが十分にある。作曲やら音楽やら、勉強したいことがいっぱいあって、読みたい本もいっぱいある。

 

6月20日に、清水友美さんが、野村誠作曲の「DVがなくなる日のためのインテルメッツォ」と「おっぺけぺーの種を蒔け」の2曲を演奏してくださるとのこと。聞きに行けないが、弾いていただけるのはありがたい。その情報は、こちら。

 

ameblo.jp

 

 

Archway Sound Symposium

イギリスのロンドンで、7月に野村のしょうぎ作曲の楽譜「1999 Calendar」(共同作曲者=片岡祐介林加奈山辺義大)が展示される。展覧会やパフォーマンスの詳細がウェブサイトで告知されていた。ぼくの名前も確かに書かれている。行けないのが残念だけれども、ロンドン在住の人は是非。

Archway Sound Symposium - Exhibition at Five Years in London

 

我が家のトイレ文庫になっているSonic Wonderlandに出てきた石の楽器の話のつづき。19世紀のイギリスでJoseph Richardsonという13年かけて巨大な石の木琴みたいな楽器をつくったそうで、湖水地方にあるKeswick Museum and Art Galleryに展示してあって、お客さんは演奏できるらしい。湖水地方まで行ったことあるのに、この博物館まで足を伸ばさなかったことを後悔。いつか行きたい。

 

Musical Stones of Skiddaw || Keswick Museum - YouTube

 

ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」に向けて、今日も新曲のピアノ練習。この「問題行動ショー」は、東京在住のダンサー砂連尾理さん、大阪のダンサー佐久間新さん、京都の野村誠、大阪のオーケストラ日本センチュリー交響楽団の楽団員、奈良の障害者施設たんぽぽの家メンバー、香港の障害者施設のアートプロジェクトi-dArtのメンバー、の6つが一堂に会する惑星直列のようなイベントでもある。それぞれがバラバラに練習したり、創作したりしていて、全員一斉に集まってのリハーサルは、本番の直前。なので、共演者のことなどを想像しながら、今日も、自宅にてピアノを黙々と練習。昨日よりも上達してきて、本番へ視界がひらけてきた。

 

 

愛知大学にて、あひる

本日は、愛知大学に授業に行く。愛知大学豊橋にある。吉野さつきさんが教えていて、彼女の授業に呼ばれている。午前中に、作曲家の樅山智子さんが授業したようで、スタジオ内に木の椅子がキャンパスの校舎の配置に並べてあり、そこにミニチュアキャンパスがあった。せっかくなので、午前の成果物を引き受けて、この配置を活かして午後の授業をすることに。

 

学生たちに、この空間を活かしつつ、楽器を自由に配置するように言うと、学生たちは、部屋のいろいろな場所に楽器を点在させて、不思議なインスタレーションが完成する。「照明の授業って、もう受けた?」と質問。せっかくだから、この楽器のインスタレーションに照明を当ててみよう。学生たちは、照明をあてる。舞台空間ができあがる。

 

この空間に学生たちが入っていって、楽器を鳴らす。ちょっとしたルールだけを定めて、各自の自由に委ねる。ルールは、シンプルだ。いつでも、この空間に入っていって、楽器を鳴らすことができる。ただし、定員3名。吉野さんが「あひる」と言ったら、全員が、この空間を横切って移動する。以上。

 

こんなシンプルなルールでやると、いろんな楽器の組み合わせ、いろいろな個性の組み合わせ、いろいろな空間の音の配置、いろいろな関係性などが生まれてくる。それは、音楽でありつつ演劇のようでもある。

 

途中で、野村作曲の「青少年のためのバリバリ管弦楽入門」の動画を見てもらって、いろいろ質問してもらう時間を設けた以外は、ずっとこのシンプルな空間音楽をやった。その中で、学生たちが試行錯誤して、耳を開いてコミュニケーションしているのは、時に美しく、時に笑いを誘い、時に意外性があった。

 

樅山さん、吉野さんと夕食の後、京都に戻る。行き帰りの新幹線の中で、Richard Steinitz著の「György Ligeti  Music of the Imagination」の最後の50ページほどを読み、読了。リゲティという作曲家が常に変化し続けてきたこと。なんでも素直に影響を受けて、アフリカ音楽、フラクタル理論、電子音楽クラシック音楽、その時、その時の新しいチャレンジがとてもよく伝わる面白い本で、いい刺激をもらった。こんな人だったら、会って見たかったな。

 

books.google.co.jp

 

 

 

 

「問題行動ショー」練習中

ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」は、即興的な要素もいっぱいある公演だが、日本センチュリー交響楽団から二人クラシック音楽の名手が参加してくれるので、せっかくだから、ヴァイオリンとクラリネットとピアノによる15分強の大作を書き下ろし、それに砂連尾理さんと佐久間新さんという即興の達人に即興で踊ってもらうことにした。ということは、野村は、その曲では即興はできず、クラシックの名手二人と、野村の作曲したややこしい譜面と格闘しなければいけない。ということで、昨夜完成した新曲「問題行動ショー」の楽譜をプリントアウト。とりあえず、29ページにおさまり、猛練習を開始。うーむ、難しい。誰だ、作曲したやつ!あ、ぼくか。と独り言を言いながら、黙々と練習。何度も練習して、指に少しずつ覚えさせていく。無茶な跳躍とかあると作曲者に文句を言いたくなるが、自分なので本当に仕方がない。ただただ練習。

 

午後は、ジャワ舞踊の達人の佐久間新さんがやってきて、「問題行動ショー」本番を想定しての練習や実験を次々にやり、佐久間さんの美しい動きや、変なこだわりや、滑稽な表情に、驚愕し感激し爆笑する。まだ初演もしていないけれども、この公演、何度も再演していきたいと思った。

 

佐久間さんが帰って後は、また「問題行動ショー」のピアノの個人練習を続ける。

 

追記:我が家のトイレ文庫「Sonic Wonderland」を読んでいて、鍾乳洞オルガンの話を知り、ネットで検索。こんなの知らなかった。洞窟の音楽、石の音楽、興味あり。

 

Real Live Cave Music: Marvel at the World's Largest Instrument - YouTube

 

www.toyonaka-hall.jp

新曲「問題行動ショー」完成

鳥取の滞在が終わり、京都に戻る。バスの車内で、ヴァイオリンとクラリネットとピアノのための新曲「問題行動ショー」の作曲を完成させることができた。タイトルを、「カエルとヘビ舞曲」にしようか迷ったけれども、公演タイトルの「問題行動ショー」をそのまま曲のタイトルにした。

 

この曲は、6月29日、アクア文化ホールでの公演「問題行動ショー」の中の一演目として、巖埼友美さん(ヴァイオリン)、吉岡奏絵さん(クラリネット)と野村誠(ピアノ)により世界初演し、それに砂連尾理さんと佐久間新さんの即興ダンスが付きます。

 

寝る前に、パート譜のレイアウトをチェックして、譜面を送付。明日から、自分のピアノパートも練習しないといけない。弾きにくいところいっぱいあるので、要練習。

 

【主催】TOYONAKA ART TRIBE #2ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」 ヨソモノになるための練習曲 | 豊中市立文化芸術センター

 

アンチ排除の住民参加型音楽劇を創作中

住民参加型音楽劇というジャンルがある。日本全国の各地で、市民ミュージカルとか、市民オペラとかが行われている。ぼくも、2007年に、宮城県大河原のえずこホールに頼まれて、ホール10周年企画として、演劇交響曲「十年音泉」を監修した。これが、演劇、ダンス、音楽、美術が交差する実験的な試みで、500名以上の住民が関与し、5時間強の大作を2回公演した。

 

月日は流れ、鳥取県のとりアート(県民が主体的に参加するハイレベルな舞台芸術作品の創造を目指す事業)に、木野彩子さんというダンサーが発案した意欲的な企画「鳥取銀河鉄道祭」に音楽監修として関わることになった。そして、ホールの中だけでなく、劇場の外でも屋台やいろいろなことが起こる木野さんのイメージを聞いて、「門限ズ」がぴったりだと思い、門限ズを推薦し、門限ズと県民で舞台作品をつくることになった。それが、ゲキジョウ実験!!!「銀河鉄道の夜→」で、今年の11月2日、3日に本番が行われる。

 

門限ズは、音楽(野村誠)、演劇(倉品淳子)、ダンス(遠田誠)、マネジメント(吉野さつき)の4人がプレイ(あそぶ)をテーマに交わるバンド的なユニット。現在、音楽チーム、ダンスチーム、演劇チームと、それぞれ20名ほどの参加者とクリエーションが別々に進行中で、7月以降にそれが合体し始める。今日は、音楽チームの2日目のワークショップ。

 

昨日、鳥取西高校合唱部とつくった「今こそ渡れ渡り鳥」を歌ったり、楽器でやってみたりした。これが、7曲目で、なかなかラテンなノリになって、ノリノリで演奏。昨日の合唱部と合体しても楽しいかもしれない。ノコギリ(ミュージカルソー)を持ってきた人がいて、ノコギリを借りて演奏して音を楽しむ人の様子が面白く、これによりそう「風の声」という渋い曲が8曲目になった。昨日、作った曲もおさらいした。ヴァイオリンが伸びやかに歌う「夜のピカピカ」が美しい。トーンチャイムの響きを味わう「どうくつ」は、初めての人もすぐに参加して没入できる音楽。活版印刷機の機械を体現する「活版所」は、インパクトドライバーの音もよくあった。「ふとんがふっとんだ」は5拍子のリズミカルな音楽。創作宗教曲「さそりの祈り」を厳かに歌い上げた。

 

休憩後は、中国語の「銀河鉄道」の発音を教わって、それにもとづいて9曲目の「銀河鉄道」が生まれる。ここで、鳥取市交響楽団からヴァイオリ二ストとチェリストが到着。一緒に、「さそりの祈り」と「今こそ渡れ渡り鳥」を演奏してみる。弦楽器が増えると音楽の幅が広がる。そして、せっかくだから、10曲目の「北十字とプリオシン海岸」を作曲。弦楽合奏トーンチャイムと朗読による美しい和音の音楽。弦楽オーケストラで演奏してもいいかもしれない。

 

ということで、残りの時間で、鳥取市響の人が実はジャズが好きとかで、急に、「My Favorite Things」を演奏してみたりして、最後には、1日の閉めの即興をした後に、野村が皆さんへのお礼としてピアノ独奏で、野村誠作曲「DVがなくなる日のためのインテルメッツォ」を演奏した。

 

かつての「十年音泉」もそうだったけど、このゲキジョウ実験!!!「銀河鉄道の夜→」は、日本における住民参加型音楽劇の歴史上、大きなターニングポイントになり得る企画で、きっと後世からはそう評価されることになるだろう。なぜならば、表現することに興味がある人、創造的な活動に興味があるという人でも、従来の既存の『住民参加型音楽劇』の枠組だと参加したくても参加できない人がいて、そうした既存の枠組から排除される人と旧来の枠組から排除されない人の双方が共存できる形式を探求する企画だからだ。そして、そうしたアンチ排除な形式だと質が落ちるという反論に対して、アンチ排除だからこそ創造的で質の高いパフォーマンスが体現できるということを実証すべく、ワークショップを進めていて、今日のワークショップも、まさしくそれが実現できている場だったと思う。みんな二日間、濃密なリハーサルをありがとう。次は7月、よろしくーー。

 

夕食後に、イギリスから偶々来ているJohn Ashfordさん(ダンスネットワークのディレクター)と話がはずむ。鳥取は、いろんな出会いのある場所だ。