野村誠の作曲日記

作曲家の日記です。ちなみに、野村誠のホームページは、こちらhttp://www.makotonomura.net/

問題行動ショーの集中クリエーション4日目!

香港のi-dArtでの滞在制作の日々がつづく。「ノムラとジャレオとサクマの問題行動ショー」という6月29日の豊中(大阪)での公演の準備。

 

i-dArtのマコトバンド選抜メンバー13人との集中リハーサル。本日は、午前中2時間、午後2時間半の4時間半。

 

JCRCという巨大福祉施設の様々な施設から集まった13人が、このクリエーションを通して、お互いに仲良くなっている。個性的なメンバーだが、一緒に何かをするのが難しいと思っていたが、今は和気藹々と一緒にストレッチをしたり、共演したりできる関係になっている。だから、行列になってみたり、手をつないでみたり、今までに試さなかった、どっちかというと一般のワークショップでありがちなコミュニケーションゲーム的なことも、今頃になってやってみる。

 

今まで、ダンスや音楽を試してきたが、今日はトークも試した。マイクを持って、佐久間さんが日本語を喋り、彼らが広東語かデタラメ語を喋る会話。これも、一人ひとりで違う個性が出て、コントのようになったり、ダンスになったり、可能性が一気に広がった。

 

ノリノリちゃんの太鼓やダンスは、相変わらず凄い。これに佐久間さんや野村が、ぶつかり稽古をしていく感じ。ようやく、がっぷり四つに組めた感触を得る。

 

爆発ピアノくんは、これまでは、他の人が演奏に加わると、拒絶して制していた。自分の世界を守っていた。ところが、今日は自分からタンバリン娘を誘い込んでセッションしたし、盲目のバンドリーダーさんの手をとって、楽器のところまで連れて来た。何かが彼の中で変わってきている。

 

仕切り女王は、砂連尾さんが帰国してしまって、別人のようにテンションが低い。砂連尾さんとのデュオが見られるのは、6月だ。

 

手品の達人が太鼓を演奏すると、動きも面白い。彼は、常に演劇的で、時にブルース・リーのようになり、佐久間さんと戦う。

 

MTR Remixさんは、マイクで佐久間さんとやりとりすると、広東語と日本語の中間のような言葉が生まれてきて、面白い。彼女は、言葉を扱えるアーティストなので、言葉、声をテーマに色々できる。一方、舌出しピアノくんは、佐久間さんと「フ」だけで会話する。

 

こうしたセッションを動画で記録しているので、これらを叩き台に、ぼくは新曲を書いて、日本センチュリー交響楽団の巖埼友美さん(ヴァイオリン)と、吉岡奏絵さん(クラリネット)とピアノのトリオで演奏する予定。砂連尾さんや佐久間さんの不思議なダンスのために。

 

www.toyonaka-hall.jp

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャワ舞踊もやってみる

ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」の香港滞在制作中。本日帰国の砂連尾さんとの最後のセッション。

 

本日は、初めて佐久間さんによるジャワ舞踊ワークショップがあり、1週間前にはハイテンションで制御不能かのように思われたi-dArtのマコトバンドのメンバーたちが、ゆったりと落ち着いて集中。佐久間さんのゆっくりな美しい動きを真似て動く、静かで濃密な時間。

 

こうした時間が過ごせるようになったので、13人全員が演奏する混沌のアンサンブルを、久しぶりにやってみる。ものすごいエネルギー。この混沌から静寂に移行できるように即興のルールを、少しだけ作ってみたりもした。

 

それから、一人ずつとの濃密なドラムセッションもした。各自のリズム感やキャラクターも把握できるようになってきた。

 

今日は、午前2時間、午後3時間の合計5時間のワークショップ。毎日5時間もやっていると、即興の力がアップしていくだけでなく、お互いに本当に仲良くなる。これだけメンバーと親しくなれたのは、大きな収穫の一つだと思う。既に、彼らと30時間ほどの時間を過ごした。昨年の3ヶ月の間で、彼らとは、合計でも10−20時間くらいしか過ごしていない。そう思うと、時間をかけた分だけ理解も深まったと思う。

 

香港の人々は、ポップシンガーの不倫騒動で大騒ぎしている。一方、佐久間さんは、インドネシアの大統領選の動向が気になる。先々週のイギリスでは、みんながEU離脱の話をしていた。日本の人は、今は何の話をしているのだろう?

 

夜は、メキシカと麺を食べに行く。相変わらず、香港食い倒れの日々。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」創作2日目

ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」のクリエーション。香港のi-dArtでの滞在制作。本日も、6月の公演で出演する13人のi-dArtのマコトバンドのメンバーとのリハーサル。手品の達人と砂連尾さんの合気道デュオも素晴らしい。昨日生まれたシーンも、色々やってみる。13人のキャラクターに合わせたシーンがどんどん生まれると同時に、それぞれの個性が越境して、太鼓が得意と思った人がダンスで活躍したり、ダンサーだと思った人が楽器に目覚めたりして、表現の幅がどんどん広がっている。1週間前に彼らと9ヶ月ぶりに再会した時とは、もはや別人のレベル。

 

午前2時間、午後2時間、そして、その後は、「車椅子四重奏」のメンバー、「QQQ(=Quite Quiet Quintet)」のメンバーと再会。砂連尾さんと佐久間さんは初対面で、それぞれと出会いのダンス。ダンスと言っても、ほとんど動かなかったり、微妙な接触だったり。

 

夜は、砂連尾さん、佐久間さん、ベリーニ、そしてプロデューサーの柿塚さんと、夕食で、いっぱい語り、いっぱい笑う。

ノムラとジャレオとサクマの「問題行動ショー」創作開始!!

いよいよ「とノムラとジャレオとサクマの問題行動ショー」に向けてのクリエーションが開始。二人のダンサー(砂連尾理、佐久間新)と野村と、i-dArtのマコトバンド精鋭メンバーの13人でのリハーサル。本日は、なんと午前2時間、午後3時間半の合計5時間半のワークショップ。このスケジュールは、ダンスや音楽で、なかなか思いつかないスケジュール(i-dArtは美術のプログラムが多いので、午前2時間、午後3時間半で、絵画の制作などは、それほど驚くことでもないが、1日で5時間半も即興でダンスと音楽をするのは、なかなかレアなことかもしれない)。

 

ということで、各自の名前の紹介から始まり、手品のクラスに参加している人々の手品の披露。手品は本当に面白い。お笑いなのか手品なのか。うまくできた方がいいのか、できない方が面白いのか。その後、砂連尾さんの即興ダンスワークショップ。この時点で、砂連尾さんは既に6月29日の公演の手応え十分。手品に触発されて、砂連尾さんと佐久間さんによる手品ショー。これがとっても人気。一人一人との即興音楽セッションも充実。通常のダンスクラスでレパートリーにしているダンスを佐久間さんと踊るコーナーも面白い。i-dArtメンバーと砂連尾さんとのデュオダンス。佐久間さんとのデュオダンス。切り絵文字さんの駅名即興コーナー。イギリスのヒューに捧げる「喝」と叫ぶコーナーも、いつの間にか香港流の喝になっていき、肩たたきになったりしていく。歌もつくってみるし、なんでもありの5時間半。収穫ありすぎて、もう帰ってもいいくらいだけど、今週いっぱい、みっちり。

 

プリスカに山頂にも連れて行ってもらい、上海料理も美味しく、今日もまた充実の長い一日。

 

www.toyonaka-hall.jp

 

 

 

今日もパレード 杜躍とディック

i-dArtの国際シンポジウムとカーニバルが終了し、今日は、オフ。

 

ディックの紹介で、Art Parade Education Projectに参加。

かつての海岸線を歩く。

小学生や中学生など。

ワークショップで海岸線をテーマに作ったものなどをつけての仮装行列

到着地は、牛棚藝術村。

かつて、牛の屠殺場だったところが、アーティストのスタジオとギャラリースペースになっている。

そこで、パフォーマンスアーティストの杜躍のスタジオで、プーアール茶をいただきながら、作品の写真などを見せてもらい交流。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

i-dArtカーニバル

昨日まで二日間、室内での国際シンポジウム。今日は、ずっと野外。高架下にお洒落な店があったり、フリースペースがあったりして、すぐ海辺の芝生が隣接する新しい憩いスポットvesselにて、午前中ワークショップ。野村のワークショップは、1時間半が2回で、どちらも、オープンクラスとして、国際シンポジウム参加者が見学できる。実際に、アーティストが知的障がい者とワークショップをしているところを公開する場として設定。

 

と言っても、この公開ワークショップは、今日の午後のステージのリハーサルを兼ねていて、しかも、6月29日に日本の大阪の豊中のアクア文化ホールで行われる「ジャレオとサクマとノムラの問題行動ショー」のリハーサルも兼ねているというもの。

 

メンバーは、9時半ー11時までの1時間半、30人ほどの人々に見守られてのワークショップは、もう既に本番モード、本気モード。エネルギーを出しまくって、精一杯の演奏。

 

11時半ー13時のワークショップも、同様に精一杯の演奏。そして、回を重ねるごとに、どんどん進化していく彼ら/彼女らに驚愕するばかり。各回のワークショップの後半では、砂連尾さんと佐久間さんのワークショップが乱入してきて、既にカーニバル状態になる。

 

爆発ピアノくん、ノリノリちゃん、などだけでなく、舌出しピアノくんが池田邦太郎さんと連弾したり、さらには、ダンサーだったはずの人が、突然ピアノと鍵盤ハーモニカに目覚めて、鍵盤大好きくんになったりする。

 

そして、午後3時からのステージ。お客さんがいっぱいいる中、野村とアフリカンドラマーのタケオくん、手作り楽器の魔術師の池田邦太郎さんとアッキー、そして、二人のダンサー砂連尾さん佐久間さん。これでパフォーマンスを始めると、砂連尾さんが、すぐに、客席にいる小学生の女の子(ぼくと仲良しで、昨年よく一緒に遊んだ)を舞台に引き上げる。そのまま香港チームがどんどん舞台に登場し、混沌となる。この混沌を客席から写真や動画に収める人々がいっぱいいる。見たことのない光景。つまり、大団円が一番最初。

 

この後、池田邦太郎+アッキーの手作り楽器披露。さらには、野村と爆発ピアノくんのデュオ。気合い満点。バンドリーダーさん、笑顔のタンバリン娘たち、とのセッション。手品の達人と砂連尾さんのガチンコデュオダンスにノリノリちゃんも飛び入りし、太鼓を連打。野村がピアノの演奏をやめた時、何の合図もなしに、猛烈に連打していたノリノリちゃんが演奏をやめて、ぴたっと終わる。びっくりでしかない。なんなんだ!

鍵盤大好きくんとのピアノと鍵ハモのデュオに、ロックンロールくんと佐久間さんが飛び入りして踊る。そして、舌出しピアノくんとタケオくんのセッション。舌出しピアノくんは予想外に楽器ではなく、踊る。佐久間さんが飛び入りして、一緒に踊る。ぼくは歌う。i-dArt, i-dArt, I do different art......この45分のステージがこんな風にできたことに、感激。

 

それでもつづく、カーニバル。4時半から第2弾。また、全然違う観客が集まってくる。みんな楽しみにしている。今度はキーボードがない会場。打楽器アンサンブルで、延々ドラミング。この人たち、こんなにリズム感よかったっけ。こんなにアンサンブルよかったっけ。タケオくんが一緒にいることで、i-dArtの知的障がいのメンバーは、知的障がい者としてではなく、ミュージシャンとして存在することを、タケオくんから学んでいる。タケオくんの影響は大きい。ちなみに、ぼくの視線は、別にそれほど上から目線ではなく、一緒にセッションすると学ぶこと教わることが本当に本当に多いのですが、しかし、それよりも何よりも、あまりの露骨な成長速度に、やはり驚愕するので、そっちの話が多くなる。

 

そして、最後に、パレード。ウクレレチーム、金管バンド、サンババンド、自然生クラブ田楽、などと合流したパレードに最後に合流した我らi-dArtのマコトバンド。パレードを先導してメインステージになだれ込む。そして、それから、heart n soulのライブで、みんなが思う存分踊っていくうちに、日が暮れていく。池田邦太郎さんが、次々に手作り楽器をプレゼントし、それらの人が楽器で音を楽しみながら、ライブに参加して踊っている。「千住の1010人」もすごい人の渦だったけど、今日のカーニバルもすごかった。

 

それにしても、昨年は、長くても1時間しかワークショップしなかったマコトバンドのメンバーと、今日は丸一日演奏し続けた。それでも、彼ら/彼女らは、演奏する手を止めなかった。本当に心から表現をしようとしている人々。表現することが生きること。そして、砂連尾さんと佐久間さんの存在によって、今までに見たことのないダンスが、彼ら/彼女らから引き出されていくことも驚愕。

 

 

i-dArt国際シンポジウム閉幕

香港i-dArtの国際会議二日目。

 

ロンドンのHeart n Soulの発表で、この知的障がい者のバンドとロンドン交響楽団のコラボのことを知る。さっそく、日本センチュリー交響楽団のマネージャーの柿塚さんと繋げる。日本センチュリー交響楽団の楽団員も、6月29日の「ジャレオとサクマとノムラの問題行動ショー」に出演してくれる。いろいろシェアできることある。

 

新倉壮朗くんが、お母さんの代わりに一生懸命に語っている姿も心にしみる。タケオくんが、国際シンポジウムの中で語る姿を見る機会もなかなかレア。そして、タケオくんと野村で鍵ハモデュオ。

 

自然生クラブの発表も、不勉強で知らないことばかり。同じ日本でこんなに素敵な実践をしている方々がいて、香港で出会えることを嬉しく思う。農業も、炭づくりも、田楽も、絵画も、全てが繋がっている。

 

イギリスのAlice Foxの発表。彫刻になってみるワークショップの写真。30人ほどの様々な人に聞き取りして、まとめたファシリテーションで大切なこと。時間のゆとり、信頼。彼女の本、さっそく注文して、読んでみたい。

 

やまなみ工房の発表。ぼくは滋賀県の水口碧水ホールに何度も行ったのに、そこからそれほど遠くない場所にあるのに、一度も訪ねたことがない。環境はつくる。やりたいことをやりたいようにさせる。

 

i-dArtのディックの発表。ドライヤーでピンポン球を浮かせている映像とか、面白いこといっぱい。

 

野村の発表。ファシリテーションについて聞かれたので、野村が何をしているのかを、provokation(触発)-observation(観察)-imitation(模倣)-variation(変化)-creation(創造)の5つのプロセスに分解して説明してみる。

 

野村のやっていることの本質を、アリスの言葉で言えば、listening(またはextended listening)だ。

 

最後の全員登壇しての結語の司会のモックさんが、口火を切る役に野村を選んで駆け寄ってきて、マイクを渡してくれた。楽しく濃厚な2日間だった。

 

ゲストみんなでミニ遠足(バス旅行)で、お寺に行って後、ディナー。メーリン、ベリーニ、みんなありがとう。