野村誠の作曲日記

作曲家の日記です。ちなみに、野村誠のホームページは、こちらhttp://www.makotonomura.net/

ガチャ・コン音楽祭/芸術家と子どもたち

びわ湖・アーティスツ・みんぐる2022『ガチャ・コン音楽祭Vol.2』に向けてのリモート会議。財団の福本さん、山元さん、コーディネーターの永尾さん、野田さんと。今週末(6月19日)に、キックオフミーティングを開催(入場無料、14:00-16:30@近江鉄道日野駅)。と同時に、プロジェクトメンバー”ぐるぐる”募集中(10名程度)。詳細はこちら。

 

biwako-arts.or.jp

 

10月23日に計画している今年度のライブのことを中心に話す。アーティストのこと、会場のこと、交通手段のこと、考える要素が色々ある。昨年のシンポジウムで近江鉄道の山田さんが推薦してくれていた愛知高校とのコラボは、高校の模擬試験の日程と重なっていて、今年度は実現せず。だいぶ企画の概要が見えてきた。今週末に再度、滋賀のリサーチやアーティストとの打ち合わせなど必要。

 

企画を現実に落とし込むと同時に、ミッションは何だったのか、ということを、常に考え直す必要あり。滋賀県内に数々のアーティストがいるし、魅力的な場所もたくさんある。こうした人や場所をつまみ食いするような企画では意味がないし、関わりを通して触発され、新しいものが生まれてくる場を作りたい。そういう環境をつくるための土壌づくりのようなことをしている。だから、たった一日のイベントだと考えると、効率悪い。ああでもない、こうでもない、と色々話をしている。でも、そうしたことがじわじわ効いてくるはずだと信じ、やっている。

 

午後は、NPO法人芸術家と子どもたちの理事会。コロナでオンラインになったおかげで、年に一回の理事会に参加できるようになった。2000年に小学校での一番最初のワークショップをした時は、堤さん一人だったのに、今ではスタッフ10人で、ものすごい数の事業を実施している。20年前に初めて理事会をした頃、ぼくたちは30代前半で、これから新しいシーンを切り拓いていくという気持ちもあった。今では老舗のNPOという感じで、老舗ならではの課題もあったし、逆に2020年代に取り組むテーマも色々話し合えた。例えば、昨年開催した勉強会『少年院にいる子どもたちの現状と課題を学ぶ』など。

 

www.children-art.net

 

塔本シスコ展に向けての作曲は、ちょっとずつ進んでいる。